なにげない毎日はきっとカラフル

わたしのままのわたしを体験する、小さな日常。楽しい嬉しい好きを集めてみる。

断捨離をした。

大!断捨離大会をした。

大掃除もした。

 

断捨離。

今までと同じ価値観だと

徹底的に手放すといっても

たいして景色が変わらない。

 

そこで今回は

割と自分としてはダイナミックに、

基準をかえて手放しをしてみた。

捨てたものに偏りもあるとは思うが。

 

一通り終えてみたら

また、これも手放しでもいいのでは?

と思うものも思い浮かび

もう一周見直すなどして、また手放したり。

 

かなり、景色は変えることができた。

と思う。

 

とはいえ、

ただレイアウトが変わっただけ

とならないように、

新年これで生活してみて

また手放しを進めようと思う。

 

生活動線というのか?

動き方も変わるだろうし、変えたい。

 

 

断捨離して、

ただ物を減らしたり

いらない物を手放したり

スッキリしたけど

1番衝撃だったのは

 

物って、

記憶媒体なのか?

と思うことがたくさんあった。

 

この服をみると思い出す事柄があったり。

その、今はその情報はいらないなと思い

手放した。スッキリした。

 

あと、

どういうつもりで、これを持っていたのか

みたいなところをみてみると、

執着ほど強くないかもしれないが

意外な?こだわり?みたいな物も発見できた。

 

 

色々捨てて、必要量を下回るものもあったが、

捨てすぎではなく

買い替えるべきものだったのだろうとも

わかった気がする。

執着か、ものの賞味期限か。

 

生活しながら

基準を変えていき、

もっともっと景色を変えていきたい。

 

新年が楽しみ。

 

習慣は、やめるのが難しい

地味に、じみーに、

生活を見直していた、今年後半。

 

スマホゲームを手放そうとして

ズバッとやめられず、

とりあえずログインだけしてプレイはしない

なんていう、まどろっこしい作戦をたててみた。

けど、案外これが上手くいき、

いつしかゲームをしなくなっていた。

 

そして、読書習慣を取り戻したので

移動時間などで、

スマホを見ることが少なくなった、と思う。

 

よしよし、いいぞー、いい感じじゃん!

ぬふふ。( ̄∀ ̄)

絵に描いたようなというか

頭に思い描いていたような、

すてき女子じゃない?ぐふふ。

(何をめざしてるのやら(笑))

 

よーし!

ここまで来れたなら

もう少し丁寧な暮らしを!と思い

仕事の合間のご飯、

お弁当を持参してるけど、

ついYouTube見ながらとか

ながら生活だったが、

食事の時は食事!

というように、目の前のことに目を向けよう

と切り替えた。

 

そして、また気づく。

 

たしかに、目の前の食事をして、

ながらはしてない。

何かしながら食べる

はしていない。

行動としては、食べる、のみをしているのだが。

 

だけど、頭の中は

ここにいなかったことに気づいた、、

 

ちょっとショックだった。

 

考え事というほど明確な考え事ではないのだが

気持ちというか、わたしが、というか

わたしという主体が、

食事に目を向けてなくて

食べるという作業はしていたけど

意識?心?視点?が、

食事に向いてなくて

ながらをしてた感じがした。

ながら食べがやめられていない毎日

そんな印象で、

トライアンドエラー

というか

トライアンドトライをしてる

(はずなんだが、おかしいな)(T-T)

 

ぐぬぬ

なかなか、ながらをやめるのは難しいのか

もう少し目の前のことに取り組むよう

丁寧に生きたいものだ(T-T) 

 

が、がんばれ、わたし。

 

 

手放しのゴールのビジョン(捨て活とか断捨離とか)

 

玉ねぎの皮を1枚1枚剥いて行くように

ちょっとずつ、

捨て活をしている。

 


気持ちとしては

すごい手放しているのに

気持ち面の満足感はあるのに

部屋の景色は全く変わらない。

 


えっ!?Σ(゚д゚lll)

こんなにしてるのに、

何も絵面の変化はないのか

と衝撃を受けたのだ。

 


そして、思った。

今ある景色からの手放しをしても、

今ある思考からの手放しをしても、

大幅な変化はしないのだろう。

変化にはならないのだろう。

価値観とか、価値基準を変えないと

違う背景、景色にはならないのだろう、と。

捨てる基準ごと変えないと。

変化は見えづらい、

きっとそういうことだ。

 


いらないものを手放すとか

お気に入りを残すとか

使うもののみを残すとか

色々な基準がある。

言葉の小さな違いは

現実に具現化したものとしては

大きな違いになるのだろう。

 


おそらくわたしの気持ちは

お気に入りを残す

という視点

頭の中の完成図は

使っている必要なものしかない

という視点

なのかなと思う。

これではギャップは埋まらないなー

さて、どちらにしようかな。

入浴剤についての人体実験

なんか仰々しいタイトルだけど。

 

以前、友達からお土産で泡盛のワンカップ?みたいなのをもらった。


お酒を飲まないので、どうしようかと思ったら

お風呂に入れてもいいとのこと。

なるほど、

日本酒をお風呂に入れる

という話も聞いたことがある。

日本酒と塩を入れるといいとかも聞いたので

泡盛と塩を試しに入れてみることにした。


そしたら、お風呂上がりに身体がポカポカだし

温まるし、感動した。

こんなにポカポカするのか!

今回入れたのは入浴剤ではないけど

入浴剤って侮れない!

かなり衝撃を受けた。

 

泡盛だけでなく、塩も入れてしまったので

しかしこれは泡盛の効果だとは思うが

翌日、試しに塩だけでお風呂に入ってみた。

そしたら、なんとなくスッキリはするものの

泡盛ほどのポカポカ感はない。

やはりすごい効果だ、お酒。

さらに、湯船に浸かるのではなくシャワーで過ごした日もある。

その日は全然温まっている感じはしなかった。

 

湯船に浸かると浸からないでこんなに違うし

入浴剤というか、お湯に何か入れるか入れないでもこんなに違うのか

ということにびっくりしつつ

入浴剤を色々試したくなるような

日本酒を、試したくなるような。

ニヤニヤしてしまった。

生活を味わいたい

 

今年は体調を崩すことが多かった。

そこから自分のペースや

必要なことを見直したり

そうせざるを得なかった状況を経て

色々な行動も手放せるとか、

行動や生活の見直しとか

そんな視点に至ったが、


この行動を手放そう

というだけでなく

行動や生活についても

気づいたことがあった。


今まで、効率を求めすぎていたりして

自分の

本来のテンポではない生活になっていたかも。


例えば

YouTubeとか2倍速!でみて

たくさん見れるじゃん

といった具合に。


ふと立ち止まったとき

効率を重視しすぎて

何も味わってなかったのではないかなぁと。

そうなると、

味わいではなく刺激でしかなくなる

そんな気がした。

動画の2倍速なんて良い例で

そんなことが随所にあったのだろう。

 


味わうとか

自分を大事に自分のペースで

というよりも

生活全般が効率追求になっていて

こなすことになっていたような。


そんな生活は楽しいかなぁ

いろんな感情や思うことが

置き去りになってないかなぁ

本来のペースで

本来のわたしのテンポを大事にしたいなぁ

と言ったところから


まずは、YouTube2倍速で見るをやめて

本来の速度で堪能。

自分の生理的にとか、テンポ感とか

合わないこともあるかもしれないが

それも味わいとして

好みなど自分を知って、

そこから選択したらいい。

合わないから見るのやめるか、

そういうものとして見るのか。

 

速度すら自分のわがままに合わせて選ぶ

ということが、

できすぎて便利になったが故に

そこを求めすぎたら

楽しいとか好ましいとかの味わいが無くなり

効率でしか無くなると

自分の受け入れられるものが狭くなるかなぁ

なんて漠然と思った。

 

音楽を聴く時

効率を求めて2倍速では聴かないだろう、

それを堪能したい。

 

それと同じで、

生活をこなすよりも、、。

堪能し味わいたい。


本を読むことも

効率ではなく

自分のペースでしかできないことだなぁ

なんて思ったりしながら。

地味に一石二鳥以上かも

先日、

美しい日本語に触れようと思い

図書館に行った。

最初にとりあえず一冊借りた。

 

移動時間など隙間時間に読んでいたので

貸出期限内に読み終えるか心配だったが、

薄めの本を借りたので

期限内に無事読み終えることができた。

 

家の本当にすぐ近所に図書館があるので

一冊ずつ借りるのでも

読み終わったらすぐまた図書館に行ける。

ありがたい。

こんなにいい環境に住んでいたのか。

宝の持ち腐れをしていた気持ちになる。

ありがたい。

 

本を買ってなかなか読まないで

積読がどんどん山となるより

図書館の方が期限内に読もうとメリハリができて

いいのかもしれない。

なんか、いいかも。

 

そして、今日、返却して、

また新たな一冊を借りた。

今回の本は前回借りた本より倍の分厚さがある。

これは読み切れるか。

 

そして、本を読むことで

自然にスマホに触る時間、

ゲームや、なんとなくYouTubeをこねくり回す

というような時間が減った気がする。

結果としてデジタルデトックスみたいなことも

できているのかもしれない。

なんか、いいかも。

(しかし仕事後に疲れ果てて

なかば放心状態の時やなんかは

淡々とした単調なことをしたくなる、

そんな時のナンプレは手放し難い)

 

 

ほんのりとした衝動で

 


昨日は、比較的帰りが遅く

なんとか日付が変わる前に帰宅できた。


いつもなら、

さっさとお弁当箱など洗い物して片付けて

お風呂に入って

一体なんの競争かというくらいの勢いで

布団を目指すのだが

 

昨日は、

突然のひらめきというか

でもそんなに強い衝動でもないのだが

なんとなくのひらめき的行動で


家にずっとあった小豆を炒って

あずき茶を作りたくなった。


家にあったあずきの袋は

思ったよりもたくさん入っていて

何回かに分けて炒ったので時間がかかり

普段ならベッドにダイブする時間にも

まだ作業をしていた。

 


強い、強い衝動で

あずき茶が飲みたい!

というのではなく

割とナチュラルな思いと行動で。

驚くほどマイルドな思いと行動で。

なんとなくなテンションで。


翌日仕事の日には

絶対やらない行動なのだが

深夜に作業をしてしまった、、

睡眠時間が、、削られる、、


でも

明日あずき茶を保温ボトルに入れて

持っていくんだ!

と謎にワクワクしてしまい

深夜に睡眠時間を削ってやってしまった。

 

 

今日、

念願のあずき茶を持ってこれた。

 


美味しい。

なんとなくほんのり甘くて。

美味しい。

癒しだ。

 

 

そして、今日はとびきり忙しくて

今日中に家に帰れていないのだった。